読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Treasurebox

玉手箱みたいな日々をつづる日記です

珍ハプニング

野原の「野」に「点」と書いて、

 

なんで「のだて」って読むんだろうと

 

前から疑問でしたが、ようやく分かってきました

 

野原とかで茶を「点てる」ということですものね!

 

 

 

今日は、茶道のお稽古の日でしたが、

 

なぜか、腹筋が鍛えられるほどの

 

珍ハプニング続出で

 

もう、本当に、疲れた〜〜〜!

 

茶道で笑ったらあかんやろ〜!

 

 

 

でも、同時に、失われたものを取り戻さないとと本当に思った。

 

だから、お花を大切にすると決めた!

 

明日は、朝一でやるべし!

 

 

 

白いお花って言ってる時点で、もう失格やと思いましたわ

 

 

美しいお花を見たら、

 

「これは、〇〇ですね〜、この時期は〇〇ですからね〜」

 

ていうレベルを少なくとも目指さないと

 

先は遠いけど、やっぱり、失っているものというか

 

もともと何にも最初っから身についてないけど

 

やっぱり、コツコツ身に付けたいですね〜

 

 

 

 

それで、珍ハプニング

  

 

 

なんかね、お道具が季節によって、次々と変わるんですよ

 

今日は、茶室を見た瞬間、若干の立ちくらみ

 

全然、見たことない「箱」が置いてありましたからね

 

またですか?

 

変わりましたね?

 

 

ひとつ覚えても、すぐ変わるから

 

なんか、毎回、新規の気分になり、スムーズにできないという繰り返し

 

でも、桜の花見の季節に使う箱で、

 

野点」用のお道具でした。

 

 

 

教えてもらいつつ、順調に進んで、

 

最後に、その箱の鍵を閉めないといけないところで、

 

なぜか、どういうわけか、

 

何をどうやったらそういうことが起こるのかわかりませんが、

 

カギがね、私が閉めようとした瞬間にね、

 

 

 

ぴょーーーんと、飛んでね、

 

 

 

炉っていう、囲炉裏の灰の中に、

 

 

 

ズボッと落ちまして…………………

 

 

 

 

 

その場の全員で、探す、という、オチに、、、

 

 

なんでこうなるの?

 

 

まさに、映画「プリティウーマン」で

 

 

お食事中に、あのエスカルゴがぴょーんと飛んでね

 

 

ジェントルマンのおっちゃんがナイスキャッチするでしょう?

 

 

あのシーンを思い出したもん

 

 

恥ずかしくって、穴があったら入りたかったわ

 

 

クソ〜、あとちょっとで完了だったのに、、、、

 

 

 私が終わったあとも、色々なハプニング起きて

 

 

もう、絶対このメンバーでお茶会開いたらあかんやろ!

 

 

という内容の出来映えでございました。

 

 

真面目にやりたいんですけどね

 

 

まともに出来るようになるのは、いつになることやら、、、、

 

 

 

 

 

 

明日は、プリティウーマンの曲を朝から聴こうっと!