読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Treasurebox

玉手箱みたいな日々をつづる日記です

実家の田んぼのこと

ようやく遅刻して到着した田んぼですけど、

 

 

まあまあ、スタートしてしばらくたった頃でした

 

 

ヤンマーがやってくれるので、私がすることってほとんどなくて

 

 

ヤンマーをカッコよく乗りこなしているクールな親父に

 

 

「ガタガタやで〜!」(←カッコよく乗ってる割にはまっすぐ植えられない親父)

 

 

って、ヤジを飛ばして、盛り上げるくらいしかできないのですけど、

 

 

周りを見渡してみるとね、

 

 

減りましたね、田植えする人々

 

 

周りは結構荒れた田んぼが増えてしまって、

 

 

一回、稲作をストップしてしまうと、あっという間に荒れ放題になってしまうんですね

 

 

親戚の家の田んぼも近所の人の田んぼも、荒れ放題でちょっと切なくなりました

 

 

うちもね、毎年が勝負なんですけどね

 

 

今年も無事植えることができて、本当に良かった!

 

 

半年、水のお世話をすれば、また、1年間、美味しいコシヒカリをいただくことができます

 

 

本当に、感謝しないといけないですね!

 

 

 

 

 

敷地内に、みかんの木を、五本植えたと、父は自慢げに言ってましたけど

 

 

福井で「みかん」って育つんですかね?

 

 

過酷な北陸の冬を乗り越えられるのか?とふとよぎりましたけど

 

 

まあ、みかんの収穫は期待せずに、面白いオチを期待しましょう!

 

 

 

 

 

それにしても、田舎は、なんで時間がゆっくり過ぎてく感じがするんでしょうかね〜

 

 

物々交換の文化が残ってるし

 

 

その辺の人たち、家族と同じような感じだし

 

 

息苦しいこともありますけど、なんかホッとしますね〜

 

 

 

 

 

結局、しゃべってばっかりでなんの役にも立たない私は、

 

 

遅刻してきたのに、さっさと家に帰らされるハメに

 

 

一応、これでも参加したつもりです

 

 

堂々と、お米、もらって帰るからね〜〜!

 

 

 

(つづく)