Treasurebox

玉手箱みたいな日々をつづる日記です

福井TMC第100回記念例会(会場設営編)

2017年5月21日(日)、記念すべき日を終えることができました。

 

 

朝は、9時集合で、会場設営開始!

 

 

広い部屋をお借りして、45席用意しました。

 

 

この日の福井メンバー出席者は8人でしたから、無謀だとは思ったのですが、

 

 

当日キャンセルが3名出ましたが、38席埋まりました。

 

 

スペシャルゲストの偉大さを実感しつつも、よくみんなで頑張ったと思います。

 

 

英語力アップに関して、真剣に取り組んでいる人を探し出すのって、そんなに楽ではないです。

 

 

 

 

 お客様の人数が少なかった場合、マイクも何もいらないと思っていたのですが、

 

 

じわじわと参加者の人数が増えてきましたので、やはり、マイクは念のために欲しいと思いました。

 

 

ただ、この会場には、マイク設備がありません。

 

 

そこで、救世主が、現れました。

 

 

ライブ用の一式持ってらっしゃる方が、新メンバーにいるんですよね~。

 

 

本当に、ご自分もビッグイベントを抱えていてご多忙なのに、わざわざマイク関係の機材をスタジオから運んで下さって、本当に助かりました。

 

 

何と言って感謝して良いのかわかりませんが、何かしらでこれから貢献します!

 

 

 

 

そして、学生メンバーの働きというか成長というかが目覚ましいです。

 

 

1つのことを頼むと、2つやってくれるといいますか。

 

 

「会場にお客さんが来やすいように、矢印とかポスターとかを適当に工夫して貼って来てね!」と、言っただけなのですが、

 

 

本当に上手にあちこちに貼って来てくれて、

 

 

特に、ビルの1階の所には、ぱっと見た感じ、貼れるような場所が全然なくて、私はちょっと無理なのかなと思っていたのですが、

 

 

「警備員さんと交渉して来ますね!頑張ってみます!」って、にっこりスマイルで、ダッシュで消えていった!!!(←頼もしい若者よ!)

 

 

直前に、矢印やポスターをチェックして回ったら、、、良い仕事してますね。

 

 

私みたいな単純な貼り方をひとつもしてなかった(笑)

 

 

賢い貼り方してましたね。チラシの貼り方でも、こんなに工夫できるのか、と感心しましたもん。

 

 

エレベーターを降りた人が一発でどこに向かえば良いかわかる貼り方でしたね!

 

 

この学生メンバーの将来が楽しみです!

 

 

大きなトラブルもなく、無事、会場設営も終わり、軽いリハーサルを行っている間に、少しずつゲストの方が集まって来られました。

 

(ゲスト編へつづく)