Treasurebox

玉手箱みたいな日々をつづる日記です

福井TMC第100回例会(ゲストスピーチ編)

即興スピーチの後は、スペシャルゲストによるコンテスト優勝スピーチの時間でした。

 

 

その日、はるばるお集まりいただいた皆さんは、このスピーチを見るために来られているわけで、会場の熱気がぐんぐん高まるのを肌で感じました。

 

 

いよいよ、ゲストスピーカーの登場です!

 

 

ゲストを紹介する、総合司会者の声も高まっていました。

 

 

スピーチといっても、ピンとこない人がほとんどだと思いますが、言葉で人を感動させたり、笑わせたり、伝えたいメッセージを多くの人に届ける時、スピーチというのは本当にすばらしいと思います。

 

 

多くの人と、この時間を一緒に過ごしたかった私も、特別な感情に包まれました。

 

 

会場は、一体となっていたと思います!

 

 

最初から最後まで、真剣に見入る人々と、ステージで全身で表現するゲストスピーカー!

 

 

バラエティ豊かな語彙力、英語表現力、表情、ボディランゲージ、構成力、美しい声とボーカルバラエティ、ユーモア、女性らしさ、、、

 

 

すばらしかった。本当に、すばらしかった。♡をドキュンとやられました。

 

 

目の前で、見ることができて、本当に嬉しかったです。

 

 

パーティの席で、スピーチの中で、あまりにも描写が素敵な所が印象的だったので、

 

 

「パンの香りがただよって来そうな場面がありましたね!」とお聞きしましたところ、スピーチを作る際に、やはり、詳細な部分まで思い描いて細かいところまで描写するということをされるみたいでした。

 

 

私の作ったスピーチが恥ずかしくなった・・・。

 

 

もっともっと研究しないとな、と思いました。

 

 

 

 

 

 

スピーチの後は、質疑応答のセッションを設けておりまして、会場からの質問を受け付けました。

 

 

印象深かった質問は、

 

 

「あなたを頂点にまで登らせ、あなたを駆り立てるものは何ですか?」

 

 

とか、

 

 

高校生が聞いた「僕は、これから、どういう勉強をしたら良いと思いますか?」

 

 

といった質問。

 

 

私も質問しましたが、「いったい、どれだけ練習したのですか?」という質問。

 

 

数え切れないそうです。

 

 

私もコンテスト出たことありますが、モチベーション維持が難しくて、でも、「負けん気の強さ」は本当に見習わないといけないなと思いました。

 

 

 

 

 

かけがえのない時間を、どうもありがとうございました。

 

 

皆、英語学習、英語スピーチへのモチベーション、ぐーんと上がったと思います!

 

 

同郷人として誇らしいです。

 

 

また、いつでも、いらしていただきたいです!