Treasurebox

玉手箱みたいな日々をつづる日記です

ソーセージライブ in 北の庄クラシックス(その3)

f:id:treasureboxes:20170620080539j:plain

音楽のライブはありますよ!至る所で!

 

 

でも、トークが面白い音楽のライブはね、なかなか無いですよ!

 

 

曲数を少し減らしていいから、二人のトークをもっと聞きたかったかも!

 

 

ラジオ、二人でレギュラーとか、やってくれないですかね?

 

 

ラジオを聞く人増えると思いますわ。

 

 

 

 

 

 

話は変わりますが、とても印象深かったことがですね、

 

 

お1人ずつ、ソロで数曲ずつ担当するセッションがありました。

 

 

一平さんは、3曲とも静かめの曲!

 

 

まさかの、(←失礼やろ!)大人の魅力で観客を魅了!

 

 

ギターの音色とあの声ね、もう、うっとりですよ!さすがですよ!

 

 

 

 

 

 

タカハシケンジさんは、お1人でも活発に音楽活動されていらっしゃるので、

 

 

お客さんへの配慮が行き届いているといいますか、

 

 

聴衆を全員巻きこんで、乗せる乗せる、歌わせる歌わせる、

 

 

笑わせるして、盛り上げるしで、会場が一体となった!

 

 

お久しぶりだったので、あれ?こんなキャラでしたっけ?って感じでした。

 

 

 

 

 

 

本当に、参加したいけどできなかった方々、たくさんいらっしゃると思うので

 

 

もったいない気分でした。もっと、多くの人と、共有できたらなと!

 

 

今は福井にいない、あの当時、一緒にライブ行ってた友達とかに見せたい!

 

 

 

 

 

 

さらに、さらに、ビッグサプライズもありました!

 

 

なんと、ザ・ルーズドックスの2人のメンバー

 

 

リーダーの永田さんと、古市さんからボイスメッセージが届くという!

 

 

もう、4人が、その場にいる感じ?????

 

 

もう、なんと言って表現したら良いのでしょうか!

 

 

懐かしいという一言で終われないといいますか、

 

 

もう、4人が当たり前だったあの当時の雰囲気が、よみがえってきて

 

 

ボイスメッセージだから、もちろん、その場にいないけど、

 

 

自然としっくりくる、4人その場に、そろってる感じ!!!!

 

 

どっぷり感動していたのは、私だけでは絶対ない!みんな絶対強烈に感動してた!

 

 

どこまでも、隅々まで、エンターテイナーでしたね。

 

 

その場で、会場の皆さんも映った動画付きメッセージを録画、永田リーダーと古市さんに後で送るんですって!

 

 

お二人もきっと、喜ぶだろうなーーー!

 

 

 

 

 

ライブの後半は、さらにさらに盛り上がりましたよ!

 

 

曲が、特に、最後にかけて最高潮に素晴らしかったです!

 

 

2人で、ゆずみたいな感じで、素敵なハーモニーを楽しめる曲や

 

 

リーダーの曲を一平さんがアコギでカバーしたり、

 

 

リーダーの曲のパワーを、そこで、改めて実感したり、

 

 

極めつけは、地下道で、ライブハウスで、

 

 

必ず、会場一体となって全員が盛り上がった

 

 

あの曲、「老若男女」

 

 

大人になった2人の、「老若男女」

 

 

自然と会場から大きな歌声が!

 

 

 

 

 

 

 

 

アンコールでは、若い時、本当によく聴いたタカハシケンジさんの「反撃」

 

 

やっぱ、しっとりと、良いですね!大人になった「反撃」また味わい深い!

 

 

 

 

そして、タカハシさんが、拒んだタカハシさんの曲「ベイビー」を

 

 

なぜか、一平さんが歌って、タカハシさん、横で歌わない・・・とか、

 

 

贅沢の極み

 

 

 

 

 

最後の最後の曲はですね、バンド結成前から歌っておられた、路上時代の歌を

 

 

タイトル、正式には知らないのですが、

 

 

ポケットの中の「夢のかけら」の歌!

 

 

マイクも使わずでして、まさに、福井駅地下道を想像して聴いてました!

 

 

時間が、タイムスリップして、20年前に行った気分でした!

 

 

でも、「今」なんですよね!信じられない!

 

 

本当に、前田一平さん、タカハシケンジさん、夢と感動をありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブ終了後は、会場の外で、お客さんと1人ずつご挨拶しながら

 

 

お二人はお見送りして下さいました。

 

 

写真撮影頼みましたら快諾。

 

 

ファンの皆さんと協力して、お互いに撮り合いっこ!

 

 

本当に、素敵な感動ライブをありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誉めすぎたので、一言、ご提案!

 

 

ファンのために、テレビとかラジオとか出る時、早く、告知して下さいね!

 

 

いつも、ギリギリか、事後報告、、、

 

 

あれ困るわーーーー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よし!元気出た!

 

 

これから、また、頑張れるぞーー!