Treasurebox

玉手箱みたいな日々をつづる日記です

英語スピーチのリハーサル

今日は、無事、午前中のトーストマスターズクラブ例会終了しました。

 

 

日曜日の朝から英語スピーチの会、休日の過ごし方としては、素晴らしいですね!

 

 

日曜日は、日本語スピーチをしたい方も、自由に選んでできるようにしているので、ほっとする瞬間もたくさんあります。

 

 

今日は、例会後に、リハーサルスピーチ(7分)をさせていただいたのですが、

 

 

結構、スピーチをしながら冷静に分析している自分がいたのが驚きでした。

 

 

昨年は、スピーチをすることで頭がいっぱいで、聴衆の反応などまでは、全く気が回りませんでしたが、

 

 

なぜか、心の余裕が出てきているのか、理由はわかりませんが、

 

 

スピーチをしながら、聴衆の反応を冷静に分析している自分がいるといいますか

 

 

「あ、ここ、ウケるんだ!」とか、「あ、これ、反応いまいち・・・」とか

 

 

いろいろ、聴衆の皆さんの反応を見ながらしゃべることができて、新鮮でした。

 

 

場数を踏んで来たということなのだろうか?

 

 

でも、1人で練習するのと、人前で練習させていただけるのは、違いますね。

 

 

伝わったのか伝わっていないのかが手に取るようにわかりますから!

 

 

 

 

 

やっぱり、セリフを新しく変えたところは少しつまづいたし、

 

 

あまりにも自虐しすぎなのは、むしろ、しーーんとなるし、笑えないのよね~!

 

 

加減が難しいですね。

 

 

笑い飛ばせる感じに伝えたいのですが、あまりに、悲観的にとらえられると悲しい。

 

 

すべったところはちょっと言い方とか言い回し、変えてみよう!

 

 

ウケたところも、もうちょっと言い方を工夫しよう!

 

 

あとね、PUKE(ピューク)っていう単語を言うところがあるんですけど、

 

 

見事に、皆さん、ぽかーーーーーーーーーんとしてましたね。

 

 

PUKEって、外国人、大爆笑するんですけどね、

 

 

見事に、しーーーーーーーんとなりました。

 

 

 

 

 

 

ま、

 

 

 

 

 

「ゲロを吐く」という、お下品なことを可愛く伝える単語なのですが、

 

 

 

 

 

 

多分、アメリカ人とかでないと、こういう単語は、ウケないのかも。

 

 

新人メンバー、見事に、しーーーーーーーんとなりましたので、

 

 

これ、カナダ人に聞いてもらった時、PUKEで、大爆笑とれたんですけどね!

 

 

やっぱ、日本人が多いとみなして、使う単語を変えようと思いました。

 

 

 

 

録音を聞いてみたら、声の調子が一本調子で、まだまだ面白くないなあと思いましたね。

 

 

他にもたくさんすることがあるので、練習ばっかりはできないですが、

 

 

何とか精一杯良いパフォーマンスができるといいなと思います。

 

 

何事にも、

 

 

取り組めば取り組むほど、奥が深いことに気づきますねぇ!