Treasurebox

玉手箱みたいな日々をつづる日記です

大本山永平寺の石柱2本の意味を英語に訳すと・・・The meaning of two stone pillars in Eiheiji temple

f:id:treasureboxes:20170812091243j:plain

曹洞宗大本山永平寺の入り口には、2本の石柱が立っております。

 

写真では少し読みにくいですが、

 

向かって右の石柱には、「杓底一残水」(しゃくてい の いちざんすい)

 

向かって左の柱には、「汲流千億人」(ながれをくむ せんおくにん)

 

と書いてあります。

 

英語に直しますと、

 

One drop of water in the bottom of the dipper 

 

One hundred billion people dip into the stream

 

これは、永平寺を開いた道元禅師が、柄杓(ひしゃく)の底に残ったわずかな水にも法を説き、その辺に捨てず、谷川へ戻したという故事にちなんでいるそうです。

 

Dogen Zenji, the founder of Eiheiji temple, preached a sermon to a drop of water in the bottom of his dipper before returning it to the mountain stream.

Words in a pair of stone pillars are asscociated with this anecdote.

 

(参考文献:Eat Sleep Sit by Kaoru Nonomura)

 

何気なく通りすぎてしまいそうな正門(龍門)ですが、しっかりと心を整えて、お参りしたいお寺ですね!

 

 

 

おすすめ記事

treasureboxes.hatenablog.com